古内茶ティーバッグ【御前山】20個入り

茨城県城里町(しろさとまち)の特産品であり、茨城三大銘茶のひとつである「古内茶(ふるうちちゃ)」。
「水戸黄門」として有名な徳川光圀公がその美味しさに感嘆して、詩を詠まれたという逸話が残るお茶です。
そんな古内茶を「もっと多くの方に飲んでもらいたい!」という城里町地域おこし協力隊の発案により、古内茶生産組合と地域おこし協力隊がコラボして、急須をあまり利用しない方向けに「ティーバッグ商品」が登場しました。
裏面には美味しい淹れ方(日本語・英語)を記載してあります。

※パッケージのイラストは、城里町の景勝地・御前山です。
-------------------------------------------------------
品質表示
名称 煎茶(ティーバッグ)
原材料名 煎茶(茨城県城里町産)
内容量 2g×20個入り(個別包装なし)
サイズ 140×220(袋サイズ・平置き)
賞味期限 平成31年5月
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存してください
販売者 水戸農業協同組合かつらセンター(茨城県東茨城郡城里町阿波山2737)
-------------------------------------------------------
【古内茶(ふるうちちゃ)の3つの特徴】

①水戸藩第二代藩主・徳川光圀公が愛したお茶
古内茶は室町時代初期に栽培が始まったといわれています。また、水戸藩第二代藩主・徳川光圀公がその美味しさに感嘆し、詩を詠んだという逸話も残っています。
もともとは、城里町・下古内にある「清音寺(せいおんじ)」の境内だけで栽培されていたお茶でしたが、この光圀公のすすめにより、古内地区一帯で広く栽培されるようになりました。そして現在は、奥久慈茶や猿島茶と並んで、茨城三大銘茶の一つに数えられるお茶となっています。

②城里町の清流・藤井川沿いで栽培
古内茶の茶畑は、城里町の西部から東部を横断するように流れる藤井川沿いに広がっています。昼夜の寒暖差が、お茶をより美味しく育てていきます。


③後味すっきり・甘みと苦味のバランスがほどよいお茶
古内茶には、後味がすっきりしていて、甘みと苦味のバランスがほどよいという味の特徴があります。

¥ 1,080

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 古内茶送料

    全国一律 500円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。